【ドローン】許可・承認申請(航空法)

中野・杉並行政書士事務所のドローン許可・承認申請に関するお申し込み用メールフォームです。なお、弊所につきましてはコチラをご参照下さい。
◆お見積もりをお示しし、ご了解いただいた後に申請作業に取り掛かります。ただし、ご紹介のお客様の場合、お見積もりをお示ししないことがあります(ご紹介先様から価格提示されているため)。
◆後ほど、電子メール・電話にて、詳細な内容を伺わせていただきます。
◆見積もりだけを希望される方は「お問い合わせ」事項欄にその旨をご記入ください。なお、料金表はこちらをご参照ください。
◆ご不明点がございましたら、【電話】050-3555-7830(平日:10時〜18時)または【メール】コチラにてお尋ね下さい。

*は必須項目です
【新規】初めて申請を行う方
【更新】既に受けた許可・承認を更新されたい方
【変更】既に受けた許可・承認の内容を変更されたい方
★許可・承認の期限の切れた方は「新規」となります。
ご紹介者様がいらっしゃれば、必ずご記入下さい。
個人の方による申請か、団体による申請かをお知らせください。
個人の方は空欄で構いません。
個人の方は空欄で構いません。
個人の方は、申請者の方のお名前をご記入ください。
個人の方は空欄で構いません。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
団体の方は所在地をご記入下さい。
- -
◆日中ご連絡のつくお電話番号をお知らせください。
個人の方は空欄で構いません。
個人の方は空欄で構いません。
個人の方は空欄で構いません。
個人の方は空欄で構いません。
個人の方は空欄で構いません。
- -

(確認用)
◆弊所からご連絡を差し上げるメールアドレスをお知らせください。
*飛行の目的(複数選択可)
◆空撮や自然観測であっても「趣味」として行う場合は、「趣味」をご選択ください。
[ 飛行の目的(複数選択可) ]で[ その他 ]が選択されていない時は、入力内容は無効となります。
◆1年を超えることはできません。
 (例)平成〇〇年〇〇月〇〇日〜平成〇〇年〇〇月〇〇日
◆飛行する可能性のある時間を余裕をもってお知らせください。
 (例)午前〇〇時〜午後〇〇時
◆飛行場所が特定されていない場合、想定される場所を具体的にお知らせください。
(例)全国のマンション建設現場で仮囲いされている場所
◆飛行場所が特定されている場合、できる限り詳細な場所をお知らせください
(例)〇〇県〇〇市〇〇町〇丁目〇番地〇内において50m四方の土地の上空を飛行する予定
空港等とは空港やヘリポートのことを指します。
◆想定される最も高いる飛行高度をお知らせください。
 (例)高度50m
補助者とは、操縦者以外の者で、ドローンの飛行状況・周囲の状況に注意を払い、安全な飛行に努める者のことを指します。
*飛行空域
◆飛行空域の詳細につきましては、弊所HP「飛行空域・場所に関する規制」をご参照ください。
◆当てはまるかどうかご不明な場合は、最後の「お問い合わせ」欄にその旨をご記入ください。
*飛行方法(複数選択可)
◆飛行方法の詳細につきましては、弊所HP「飛行の方法に関する規制」をご参照ください。
◆当てはまるかどうかご不明な場合は、最後の「お問い合わせ」欄にその旨をご記入ください。
◆上記の飛行を行う理由をなるべく詳細にお知らせください。
(例)ドローン展示会の駐車場でデモ飛行を行うが、周辺の建物から30m以上の距離が確保できないため。
ドローンのメーカーをお知らせください。
(例)DJI
ドローンの名称をお知らせください。
(例)PHANTOM 4 PRO+
ドローンの製造番号をお知らせください。分からない場合は、「不明」とご記入ください。
上記の無人航空機の改造の有無をお知らせください。
[ 無人航空機の改造の有無(1台目) ]で[ 改造あり ]が選択されている時、この項目は必須となります。
[ 改造あり ]が選択されていない時は、入力内容は無効となります。
ドローンに改造を施していた場合、その具体的な内容をお知らせください。
(例)カメラの追加装備、自動操縦システムの追加装備
[ 無人航空機の改造の有無(2台目) ]で[ 改造あり ]が選択されていない時は、入力内容は無効となります。
[ 無人航空機の改造の有無(3台目) ]で[ 改造あり ]が選択されていない時は、入力内容は無効となります。
登録される無人航空機が複数台ある場合は、4台目以降のメーカー名・名称・製造番号・改造の有無と内容をご記入ください。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
登録される予定の無人航空機の名称をご記入ください。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
登録される操縦者が4人以上いらっしゃる場合は、お名前・ご住所・使用される無人航空機・技能認証の有無をご記入ください。
*操縦者の飛行経歴・知識・能力(全員)
操縦者全員が該当するものにチェックを入れてください。
◆1人でも当てはまらないものがあれば、チェックを入れないでください。
◆チェックの入らなかった項目については、下記にご記入ください。
どの操縦者のどの部分が適合しないのかをお知らせください。
(例)操縦者〇〇について@飛行時間が8時間にとどまる
◆無人航空機を操縦させる方が、国土交通省HP掲載の講習団体の認定証を受けているときは、その認定証の写しPDFファイルにて添付してください。
◆国土交通省HP掲載の講習団体につきましては、弊所HP「無人航空機の講習団体・管理団体」をご覧ください。
飛行マニュアルの作成を弊所に依頼される場合には、「依頼する」旨をご選択ください。
[ 飛行マニュアルの作成依頼 ]で[ 飛行マニュアルの作成を依頼する ]が選択されている時、この項目は必須となります。
[ 飛行マニュアルの作成を依頼する ]が選択されていない時は、入力内容は無効となります。
作成依頼される飛行マニュアルの具体的な内容をご記入ください。
◆航空局標準飛行マニュアルを使用する場合、飛行方法が制限されることがあります。
◆航空局標準飛行マニュアルの内容については、こちらをご参照ください。
◆航空局標準飛行マニュアルを使用しない場合、使用予定の飛行マニュアルを添付してください。
◆現在使用されている無人航空機の許可・承認証があれば、PDFにて添付してください。
◆申請・調査パックを申し込まれない場合、申請のみを行います。
◆申請・調査パックを申し込まれた場合、申請にくわえて、申請後の飛行に関する規制の調査も行います。
◆申請・調査パックの詳細は「ドローンの許可・承認申請」をご参照ください。
◆ドローン規制の調査の詳細は、「ドローン規制の調査」をご参照ください。
◆ドローンの使用に起因する賠償責任保険についてご回答ください。
[ 第三者賠償責任保険に加入していますか。 ]で[ はい。加入しています。 ]が選択されている時、この項目は必須となります。
[ はい。加入しています。 ]が選択されていない時は、入力内容は無効となります。
◆第三者賠償責任保険の「保険会社名」「商品名」「補償額(対人・対物)」をご記入ください。
弊所が代行申請を行うにあたり、オンライン申請の利用の可否についてお知らせ下さい。
◆オンライン申請についてはこちらをご参照ください。
◆弊所ではお客様の飛行実績の報告、事故情報の報告の便宜を考慮してオンライン申請を推奨しています。
◆紙による許可・承認書と電子情報による許可・承認書のいずれかとなります。
◆オンライン申請を利用しない場合、紙による許可・承認書となります。
◆紙媒体の許可・承認書を希望された場合、別途郵送費がかかります(600円〜1,000円程度)