婚活に心理学を取り入れた 一年以内に結婚したい人の最短婚活のはじめ方。
これをご覧になっているという事は、今あなたは婚活中または、これから婚活をはじめようと思っているのではないでしょうか。

そして、婚活をする上でまたは、婚活をはじめる上で悩みをお持ちなのではないでしょうか。

例えば、
「相手から好かれたい」
「どうすれば相手から好かれるのかを知りたい」

実は、このような悩みをお持ちの方は意外に多く、婚活相談を受ける際に必ずと言ってもいいほど登場する悩みなのです。

心理学的にいうと、人から好かれたいという気持ちは、私たちの存在自体に影響する、大事な欲求です。

ですので、好かれる人でありたいと多くの人が願うのは、とても自然なことなのです。

人に好かれるとは、シンプルに言えば、人が喜ぶ影響を与えること。(反対に、人に嫌われるとは、人が嫌がる影響を与えること。)

それをわかっていても、意識的か・意識的でないかにかかわらず、時には周囲に嫌われるような影響を与えてしまうこともある。

そうして苦しい思いや経験もしながら私たちは、人に好かれる人でありたい、と願って自分を磨いていきます。

私たちの中に強く存在するこの「好かれたい」という欲求は、残念ながら人との関わりの中でしか満たすことができません。

つまり、人と関わる力を磨くことが、人に好かれていく方法なのです。

では、どうすれば「人に好かれる」のか?

それをこれから、あなたのために分かりやすくお伝えしたいと思います。

人に好かれるたった一つの秘訣とは!

人に好かれることとは、人が喜ぶような影響を与えること。

では、どのような時に人が喜ぶのかというと、それは「心が満たされた時」なのです。

具体的には、周囲から存在価値を認められた時に、人は心の底から安堵感や強い充足感、自分の存在価値や自信を得ることになるのです。

そこには、私たち誰もが求める強い「承認欲求」が関係しています。

「承認欲求」とは?

「人間の持つ性情のうちでもっとも強いものは、他人に認められることを渇望する気持ちである。」

この心理学者ウィリアム・ジェームズの言葉にもあるように、自分の存在理由や、存在価値を確かめたいという、誰もが心の深くに持つ非常に強い欲求なのです。

この承認欲求が、いかに大きく私たちに影響しているかというと、例えばイジメや無視といった、承認とは真逆の行為を受けつづけた人はどうなるでしょうか。

自分の存在価値を感じることができなくなってしまい、精神的に落ち込み、やがては自分の命を絶つような思考に追い込まれてしまうこともあるように、それほど私たちは「承認」を必要としているのです。

そしてそれは、決して自分だけでは満たすことはできません。周囲の人から存在価値を認めてもらうことを必要としています。

つまりは、人に好かれる秘訣とは、「承認を与える人」になることなのです。

与えた承認は自分に戻ってくる

ではさっそく、承認を与える人になろう。
そう思っても、どこかで見返りを期待してしまったり、人に与えるばかりで損するのではないか、自分が満たされないのではないか。

こうした不安は誰にでも生まれるものです。
そこで、この法則をご紹介します。

心理学で「返報性の法則」というものがあって、その中に「好意の返報性」というのがあるのですが。

それは、自分の受けた承認(好意・行為)に対してお返しをしなければならないという心理が働くというものです。

例えば、
FacebookなどのSNSで、「いいね!」をよく押してくれる人に対して、自分もその人の投稿を見かけたら「いいね!」を押してあげたいと思ったり。

「ずいぶんと上手に会話が出来るようになりましたね。」と褒められれば、「○○さんのお蔭です。ありがとうございます。」と御礼を返したりしたことがあるのではないでしょうか。

このように、日常の小さなことでも、何かしてもらった承認の好意・行為に対してお返しをしようという意識が私たちにはあるのです

あなたが、相手のためにと承認を与えることは、相手からの承認が、何らかの形であなたのところに返ってきます。

相手にどうしてもらいたい、という見返りを期待して行うのではなく、まずは自分が相手に承認を与えることにフォーカスしていきましょう。

与える基準を高くする

人から好かれるために、ただ承認を与えればいいというものではありません。

周囲の人と同じレベルで与えていれば、その他大勢の一人に過ぎません。

あなたがその中で際立って信頼を得て、人に好かれる存在になるには、その基準を高める必要があります。

「誰でも」できる何気ない承認の行為であっても、「誰よりも」高いレベルで行っていくことが重要です。

例えば、
●承認の言葉や行為は、いつもの5倍、10倍を意識する
●日によって変えるのではなく、いつでも徹底して与える
●ここまでやってくれるの?と、相手が驚くレベルまでやる

あなたが誰かに頼みごとをしたとして、期待以上のことをしてもらったなら、「自分のためにここまでやってくれたのか」と嬉しくなりませんか。

反対に、頼みごとを忘れられたり、雑に対処されたなら、「自分は軽んじられている」と感じるのではないでしょうか。

相手に対してとった行動だけでなく、相手と関わる姿勢そのものが、承認につながります。

その基準を高めてこそ、より多く、強く相手の心を満たすことができるのです。
私たちの日常のコミュニケーションには、承認を与えるチャンスが溢れています。

あなたが、どんな風に承認を与えることができるかに迷ったら、その一つの判断基準は、相手の役に立つこと相手が喜ぶこと

つまり「自分が人にしてもらって嬉しいと思うこと」です。

この基準に沿った、相手のために行う、すべての行為や関わり方が、承認へつながります。

これからあなたが今すぐ、毎日でも人に承認を与えることができる、すぐに使える相手に好かれる7つのテクニックをご紹介します。

これを実践することで、相手との関係性が明らかに変化していくのを、ぜひ実感してください。

1.最大級の笑顔を贈る

笑顔は人と接する上で、もっともシンプルなコミュニケーション方法です。

シンプルであっても、相手に向ける笑顔は、あなたの存在や行動を歓迎していますよ、認めていますよ、というとても強力な承認テクニックです。

相手に対して、何かしらの反応をする際には、常に笑顔を心がけること。

笑顔を贈る時には、あなたのできる最大級の笑顔を意識していきましょう

余談ですが、笑顔はストレスホルモンを減少させて幸せホルモンを分泌したり、免疫力を高める働きがあるともいわれています。

そして笑顔は伝染すると言われていますから、あなたが相手に笑顔を贈ることは、承認を与えるだけでなく相手も笑顔になり、幸せな気持ちにさせることができます。

あなたと会えて嬉しい、あなたがいてくれてよかった。そうした「感謝」「喜び」の気持ちを持った笑顔を意識すると、自然と表情が柔らかくなり、相手はあなたを身近に感じるようになります。

2.誰よりも丁寧に挨拶する

挨拶は、誰もが人と会う際に必ずする、最初のコミュニケーションです。

あなたの存在に気づいているよ、歓迎していますよ、という立派な承認テクニックです。

ただ形式的に、あるいはなんとなくしてしまう挨拶では、相手の承認にはなりませんし、挨拶をしなければ、それは相手の存在を無視することになってしまいます。

相手とお会いする時には、普段の2倍、3倍以上の声の大きさ、明るさ(笑顔)を意識して丁寧な挨拶を心がけましょう。

「自分から」「相手の目を見る」「相手の名前を呼ぶ」この3点がポイントです。

相手の存在をしっかりと認めることで、あなたも相手から同じだけ存在を認めてもらうことになります。

3.ことある毎に声掛けを徹底する

声掛けは、どんな時でもどんな人にも与えることができる、基本的な承認テクニックです。

褒め言葉、賞賛の言葉でなくても、相手の様子や相手を気遣う言葉を一声かけるだけでも、相手にとってはその関わりや気遣いそのものを、あなたからの承認として感じることになります。

例えば、
「今日も笑顔が素敵だね。」「ちょっと疲れているみたい、大丈夫?」「頑張っているね。」このように何気ない一言でも、相手は承認と感じるのです。

声をかけ続けることで承認は蓄積していきます。そうすることで相手にとって、あなたは誰よりも自分を気にかけてくれる存在になるでしょう。

相手を観察し、小さな変化や様子に気づくように心がけ、ことある毎に相手への声掛けをしていきましょう。

4.感謝とお礼は五割増し

感謝されて御礼を言われると、誰もが嬉しくなるように、感謝や御礼はとても強力な承認テクニックです。

小さな好意や、何気ないことであっても、相手はあなたに喜んでもらえるように、役立つようにと考えてくれたはずです。

その気持ちや期待を大きく上回るためにも、相手への感謝・御礼は、いつもの5割増しの言葉や行為で表しましょう。

相手が「こんなに喜んでくれるなんて」「自分がそんなに役に立てたなんて」と、驚くくらいが目安です。

さらには、その伝え方や姿勢も大切なポイントです。
感謝・御礼を伝えるのは、メールよりは電話、電話より対面で伝えるのがもっとも効果的です。

メールで御礼を伝えていたとしても、次のデートでは、改めて直接伝えるように姿勢でも示すようにしましょう。

そうすることで、あなたの存在感はますます大きくなっていくはずです。

5.日頃の五倍ねぎらい、褒める

ねぎらいや、褒める言葉(行為)も、相手への強力な承認テクニックです。

日頃の5倍以上に伝えることを意識して、相手にあなたからの承認を与えていきましょう。

特別な時だけ言葉をかけるのではなく、大切なのは日頃から小さなことでも、褒めたり、ねぎらいをしているかどうかです。

こうして積み重ねた承認は、確実にあなたへの好意や信頼になっていきます。そのためにも、相手に常に関心を向けておきましょう。

例えば、
「最近、◯◯さんは仕事が忙しいようだから、今日のデートでは◯◯さんに対して10回はねぎらいの言葉を伝えよう。」

このように具体的に意識をすることで、小さなことでも相手の変化や様子に必然的に目を向けることになり、同じく相手もあなたの変化に目を向けてくれることになります。

6.最大の共感者になる

共感とは、相手の考えや気持ちなどに無理に同調や賛同するのでなく、あなたはそう考えているんだ、あなたはそう感じているんだ、という「理解を示す」ことです。

これも重要な承認テクニックになります。

例えば、
あなたが見たいと思っている話題の映画を一緒に見に行こうと誘った時に

A「いいよ、一緒に見に行こう。楽しみにしてるよ。」

B「いいねー、いま話題の映画だから、一緒に見に行きたいと思ってたんだ!今から楽しみだよ。」

このようにAとBの言葉に、どんな違いを感じるでしょうか。

感情とは、出来事に対してその人が強く訴えたいと発しているメッセージですから、それをわかってくれるだけで、認めてもらえたと感じるのです。

「あなたは最大の理解者だ」と言われるくらいを目指して、徹底して相手の感情や気持ちに共感を示しましょう。

7.最高の聞き役になる

人は相手に自分のことを知ってもらいたい、自分のことを話したい、そう思っています。

ですから、人の話を聞くことはとても重要な承認テクニックになります。

人の話を聞くことを、カウンセリングやコーチングなどの専門用語で「傾聴」と言います。

傾聴とは、人の話に心を傾けて(関心を示して)聴く、スキルや相手と関わる姿勢のことをいいます。

「人の話を途中で遮らず、最後まで耳を傾ける。」
「相手の考えを否定せずに受け止める。」
「相手や相手の話に集中する。」

こうした基本的な傾聴のポイントを押さえるだけでも、相手はあなたのことをかけがえのない存在と意識してくれるはずです。

それから、せっかくですので

「世界で一番自分を知ってくれている存在」と言われるくらいを目指して、徹底した聞き役になりましょう。

そして最後に!

人から好かれたいという気持ちは、私たちの存在自体に影響する、大事な欲求です。

ですから、好かれる人でありたいと多くの人が願うのは、とても自然なことなのです。

この背景には、私たち誰もが持っている「承認欲求」が大きく影響しています。

この欲求が満たされていないと、私たちは自信をなくし、人との関わりに不安を感じ、精神的にも落ち込んでいきます。

それほど、私たちは「承認」を必要としているのです。

つまり、人に好かれるための秘訣とは、この欲求を満たす「承認を与える」こと。

私たちの日常には、人と接するチャンスがあふれていますから、誰よりも相手に承認を与える人を目指して、7つのテクニックを活用してみてください。

無料婚活カウンセリング開催中

この案内はとても重要です。

もしあなたが、いま婚活に不安を持っていて、婚活カウンセリングを受けたいと思っているけれど、婚活カウンセリングはどこを選んでも同じだろうと感じていらっしゃるのであれば、先を読み進めていただく必要はありません。

しかし、やっぱりこの結婚相談所での婚活カウンセリング を受けて良かったと心から思えるようにしたいとお考えの方は、この続きを ぜひお読みください。

結婚相談所を選ぶ時、ただ満足度が高いというだけでなくなぜこれまで多くの皆さんが、私たちの結婚相談所を選んでくださっているのか、その理由となる「とても大切な5つのポイント」をお伝えしたいと思います。

過去のアンケートによると、
これまでご利用いただいた80%以上の方々から「満足のいく婚活アドバイスと、サポートが受けられた」ととても高い評価をいただいています。

もちろんこれも選んでくださる理由の1つですが、それだけではありません。

満足度が高いだけでなく、私たちの結婚相談所を支持していただいている「その理由」を、ぜひ あなたにも知って欲しい と思っています。

もしあなたが、
いま抱えているその不安を 解消したいとお考えであれば、どうぞ 無料婚活相談会にご参加 ください。

きっとあなたにとって「とても新鮮で、役に立つ方法を 知ることが出来る」ことと思います。

それでは、あなただったらオンライン」と「対面のどちらにしますか?

その不安を 解消したい人 のための「無料カウンセリング」実施中。
↓↓【オンライン相談会実施中
↓↓

カウンセラープロフィール

プロフィール

フリースタイル結婚相談所
代表カウンセラー 佐藤 義洋

・株式会社フリースタイル広告社 代表取締役
・NLPフリースタイルセミナー 代表
経歴

●北海道札幌市出身
人材採用サービスの大手媒体社において企業人事における人材採用コンサルタント業務に従事。

●2011年/株式会社フリースタイル広告社設立
企業人事に対する人材採用コンサルタント業務のほか、採用後の人材育成セミナー及びコミュニケーションセミナーを開催。

●2017年/フリースタイル結婚相談所開設
心理学NLPを取り入れた相手とのコミュニケーション重視の婚活スタイルを提案。

●2019年/NLPフリースタイルセミナー開設
ビジネスや人間関係ですぐに使える実践型心理学セミナーを主催

取得トレーナーライセンス

●日本NLP協会公認 NLPセールスコンサルタント・トレーナー

●米国NLP&コーチング研究所認定 NLPマネークリニックトレーナー

●米国NLP&コーチング研究所認定 DSRトレーナー

取得ライセンス

●全米NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー

●日本NLP協会認定 NLPマスタープラクティショナー

●LABプロファイル®認定 プラクティショナー

●IBJ日本結婚相談所連盟公認 仲人カウンセラー

トレーナートレーニング受講歴

●日本NLP協会認定 NLPセールスコンサルタント&トレーナー講習終了

●米国NLP&コーチング研究所認定 NLPマネークリニックトレーナー講習修了

●米国NLP&コーチング研究所認定 DSRレベル1・2・3講習修了

フリースタイル結婚相談所について

相談所の特徴
心理学NLPを活用したコミュニケーションを重視した婚活スタイルを提案
加盟所属
IBJ日本結婚相談所連盟
加盟相談所№63270
相談所名
フリースタイル結婚相談所
Freestyle marriage agency
代表者
代表カウンセラー 佐藤 義洋
所在地
〒060-0041北海道札幌市中央区大通東2-3-1 第36桂和ビル9F
営業時間
完全予約制
連絡先
011-211-1090
受付時間
9時〜18時土・日・祝日を除く
ホームページ
アクセス
地下鉄東西線「バスセンター前駅」5番出口直結
「大通駅」まで徒歩10分
「札幌駅」「すすきの駅」まで徒歩20分

「無料カウンセリング」申し込み

ご参加方法
<オンラインをご希望の場合>
Zoomを利用したweb説明会になります。日程が確定しだい登録メール宛に参加アドレスをお知らせします。
都道府県
名前
性別
メールアドレス
【ご注意事項】
迷惑メールの対策などでドメイン指定を行っている場合、当方からのメールが受信できない場合がございます。 「mag-info@freestyle-ad.com」を受信設定してください。

ご希望の曜日・時間帯について
※複数選択可
 
<ご注意事項>
先着受付のためご希望に添えない場合もあります。
所要時間は1時間を予定しています。
※ご相談の希望日については、下記要望欄に記載ください。

婚活経験について
他、ご要望等について
※ご相談の希望日については、こちらに記載ください。
個人情報の取扱いへの同意
<個人情報保護に関する基本方針>
フリースタイル結婚相談所(以下、「当相談所」という。)は、お客様の個人情報保護の重要性を深く認識し、お客様の個人情報保護なくしてお客様との健全なお付合いは、ありえないと考えております。当相談所として、信頼性と安心感を提供し、より一層のおお客様との信頼関係を築くため、ここにプライバシーポリシー(個人情報保護に関する基本方針)を公開いたします。

第1条(目的)このプライバシーポリシーは、「個人情報保護法」の制定を踏まえ、当相談所における個人情報の取扱いに関し個人の人格尊重の理念の下に、個人情報を適正に取扱い、もって個人情報ひいては個人の権利利益を保護することを目的とします。

第2条(個人情報)当相談所における個人情報とは、会員様の結婚相手紹介サービスに関する情報並びに当相談所が実施するお見合いパーティー等に参加した個人に関する情報で、当該情報に含まれる氏名、住所、生年月日その他の記述等により、特定の個人を識別できるものをいいます。

第3条(適用範囲)このプライバシーポリシーに従うべき者は、当相談所の従業者並びに個人情報を取扱う業務を委託する業者等とします。

第4条(利用目的の特定)個人情報を取扱うに当たっては、お客様がその取扱いについての応諾を判断できる程度にその利用目的を特定し、あらかじめ本人の同意を得ない限り、その範囲を超えて取扱うことはできないものとします。

第5条(適正な取得)個人情報の取得に当たっては、適法かつ公正な手段で行うものとします。

第6条(個人情報の取得)個人情報の取得は、前条の利用目的達成のために必要な範囲とし、お客様から直接取得する場合は、お客様に対して利用目的を書面等で通知し、お客様の同意を得るものとします。また、お客様以外から間接的に取得した場合は、あらかじめ利用目的を公表している場合を除き、速やかにその利用目的を通知し、本人の同意を得るものとします。ただし、次に揚げる場合については、この限りではありません。
1.利用目的を本人に通知または公表することにより、本人又は第三者の生命、身体財産、その他の権利権益を害する恐れがある場合。

第7条(個人情報の管理)個人情報は、利用目的の達成に必要な範囲内において、正確かつ最新の状態で管理するものとします。また、利用目的に照らし保有する必要がなくなった個人情報については、速やかに廃棄又は消去するものとします。

第8条(安全管理対策)個人情報へのアクセス又は個人情報の紛失、破壊、改ざん、漏洩等を防止するため、次の安全管理対策を講じます。
1.外部から当相談所コンピュータシステムへの不正アクセスを防御するため、必要なセキュリティシステムを構築します。
2.個人情報は、事務所、保管場所等から持ち出すことを禁止するとともに、不必要な複製、コピー等を禁止します。
3.個人情報の管理業務を行う責任者として、個人情報取扱管理者を置くこととし代表がこれを指名します。

第9条(従事者の監督等)個人情報取扱管理者は、従事者に個人情報を取扱いさせるに当たって、当該個人情報の安全管理が図られるよう当該従事者に対し、内部規定の周知徹底、教育研修、定期的な監査を実施するなど必要かつ適切な監督を行うものとします。

第10条(個人情報取扱いの委託)個人情報取扱いの全部又は一部を業者等に委託する場合は、委託する者に対して、当該個人情報の安全管理が図られるよう必要かつ適切な監督を行うものとします。

第11条(事故発生時の対応)個人情報の漏洩等の事故発生を把握した場合は、直ちに必要かつ適切な措置を講ずるものとします。

第12条(第三者提供の制限)個人情報は、法令に基づく場合等を除き、あらかじめ本人に同意を得ることなく第三者に提供してはならない。なお、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合の業者等は、第三者に該当しないこととします。

第13条(個人情報の開示)お客様から自己の情報について開示を求められた場合は、遅滞なくこれに応ずるものとします。ただし、開示することにより本人又は第三者の権利権益を害する恐れがある場合等は、この限りではありません。

第14条(個人情報の訂正等)本人から自己の個人情報の内容が事実でないという理由によって、訂正、追加又は削除(以下、「訂正等」という。)を求められた場合には、利用目的の達成に必要な範囲において遅滞なく必要な調査確認等を行い、その結果に基づき当該個人情報の内容の訂正を行うものとします。

第15条(個人情報の利用停止)本人から自己の保有個人情報について、利用目的又は取得の制限、第三者提供の制限に違反しているという理由によって、その利用の停止、消去又は第三者への提供の停止(以下「利用停止等」という。)を求められた場合には必要な調査確認等を行った上で、遅滞なくこれに応ずるものとする。

第16条(開示等の手続き)本人から個人情報の開示、訂正等の求めを受け付ける際は、所定の書類を提出させるとともに、運転免許証、健康保険被保険者証、住民基本台帳カードなどにより本人確認を行うものとする。また、代理人による開示等の求めに対しても、前述の書類により代理人自身の本人確認を行うほか、本人から委任を受けた代理人であることを確認するため、本人の実印が押印された委任状及び印鑑証明書の提出を求めるものとする。

第17条(苦情処理)個人情報の利用、提供、開示等に係る内容その他の個人情報の取扱いに関する苦情については、「個人情報の取扱いの関する担当者」を置き、適切かつ迅速な処理に努めるものとします。

第18条(その他)個人情報の取扱いに関して、定期的に監査を行い継続的に見直し、改善を行います。

令和2年4月9日
フリースタイル結婚相談所
個人情報の取扱いについて同意の上、チェックしてください
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています