日本語      English

   アフリカの新たなビジョン 
      東京国際会議              

日時:2018年5月19日土)9時15分〜18時00分  
会場:上智大学四谷キャンパス10号館講堂

 2015年9月、国際社会は「持続可能な開発のための2030アジェンダ(SDGs)」を掲げ「地球上の誰一人として取り残さない」決意をしました。
 アフリカ、そこには“豊かな”人々の生活や文化、そして美しい大自然がある一方で、厳しい貧困、脆弱な医療・保健、深刻なジェンダー不平等など多くの課題があり、世界で最も多くの人々が“取り残されている”といわれております。
 今、私たちはアフリカの人々と共にすべての命が尊ばれる世界のビジョンを分かち合い、その実現に向けた具体的なアクションをデザインすることが求められております。
 この東京国際会議は政治、国際機関、市民社会、専門家、宗教者、ビジネス、学生など多様な分野の人々が集い、現在の国際的なアフリカ支援の課題や新たな市民運動のあり方、そして私たち一人ひとりが出来ることを話し合い、アフリカの新たなビジョンについて学び合うものです。

概要

■イベント名:アフリカの新たなビジョン 東京国際会議
■日時:2018年5月19日(土)9時15分から18時00分(開場8時15分)
■会場:上智大学四谷キャンパス10号館講堂  JR、東京メトロ 四ツ谷駅 徒歩5分    東京都千代田区紀尾井町7-1
              駐車場はありませんので、公共交通機関にてご来場ください。
■共催:聖エジディオ共同体、上智大学、立正佼成会

プログラム(敬称略)

■08:15 開場(受付開始)

■09:15 映像放映「アフリカの新たなビジョン」 

■09:30 セッション1
 進行:杉村美紀(上智大学教授、グローバル化推進担当副学長)
 曄道佳明(上智大学学長)
 庭野光祥(立正佼成会次代会長)
 アルベルト・クワトルッチ(聖エジディオ共同体事務局長)
 
 開会挨拶
    岡本三成(外務大臣政務官)
 ジョルジョ・スタラーチェ(イタリア駐日大使)
    オラビシ・ダレ(アフリカ連合人道問題担当課長)

「平和な未来のために」
    シャルル・アーメル・ドゥバンヌ(中央アフリカ共和国外務大臣)

「アフリカのためのイタリアと日本の協力」
 マッシモ・ガイアーニ(イタリア外務省国際局局長)
 加藤 宏(独立行政法人 国際協力機構(JICA)理事)

■11:15 セッション2「政治、宗教、市民社会:共にアフリカのために」
    エスティファノス・アフォワキ・ハイレ(駐日エリトリア大使、在京アフリカ外交団団長)
 ムブリ・チャールズ・ボリコ(国連食糧農業機関(FAO)日本事務所所長、コンゴ民主共和国)
 キャサリン・マーシャル(ジョージタウン世界宗教開発対話所長、米国)
    岡村善文   (特命全権大使)
 谷山博史(日本国際ボランティアセンター(JVC)代表理事)
 シルヴァーノ・トマシ(カトリック大司教、教皇庁)

■12:30        団結と協働:「アフリカの未来、世界の未来」
    サミア・エンクルマ(国民会議党委員長、ガーナ)

■12:50 昼食休憩

■13:50 セッション3 「アフリカの声」
 進行:根本信博(立正佼成会主席)
 菊地 功(カトリック東京大司教)
 ジャンニ・グィドッティー(聖エジディオ共同体アフリカ活動家コーディネーター)
 パセム・カロングア(聖エジディオ共同体アクティビスト、マラウイ)

■15:00 セッション4アフリカ白熱教室
 進行:小林正弥(千葉大学大学院教授)
 逢沢一郎(日本・アフリカ連合友好議員連盟会長、衆議院議員)
 稲場雅紀(アフリカ日本協議会国際保健部門ディレクター)
 ヴィオレル・イスティチョアイア=ブドゥラ(駐日欧州連合代表部代表)
   プテンカラム・ジョン・ジョセフ(上智大学教授、グローバル化推進担当理事)
 篠原祥哲(立正佼成会)

■17:40 「アフリカの新たなビジョン」の呼びかけ
 佐久間勤(上智大学理事長)
 川端健之(立正佼成会理事長)
 アルベルト・クワトルッチ(聖エジディオ共同体事務局長)

■18:00 終了









アクセス

お申し込み

例:アフリカ アツオ
ご所属とお肩書き、またはご職業をご記入ください。




※ご記入頂いた個人情報は今回の会議のみで使用いたします。

このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています