いい話の図書館

「いい話の図書館」館主を募集中です!

カフェ、待合室、会社、ご自宅に心に響く良書を置いて「楽しく生きる」を仲間とシェアする

本との出逢いは…

人生を変えます。辛い時、悲しい時、苦しい時、一冊の本が 「生きる希望」を授けてくれます。

ステキな本との出会いを提供したら

そこで、ステキな本との出会いを提供する「いい話の図書館」を全国津々浦々に作ったら、どんなに素晴らしいだろうと考えて館主を募集しております。

 「いい話の図書館」の館主のお仕事は

本棚にステキな本を並べて多くの人に自由に読んでいただくこと。そのステキな本は、テレビをはじめマスコミでも話題の小林書店のカリスマ店長、小林由美子さんが、心を込めて推薦する本です。毎月1冊ずつ、館主の手元にお届けしますので、届いたらまず館主が読み、読み終わったら自分の本棚に並べて多くの人に読んでもらってください。

「いい話の図書館」館主になる方法

1. 申し込む

応募フォームから必要事項を記入し、申し込みます。パソコン、タブレット端末、スマホにも対応しています。

2. 本が届く

毎月1冊の本が届きます。まずは自分が読んで楽しみます。本以外にもいい話の月刊紙や本のブックカバーにも楽しみがあります。

3. 本棚に並べる

本棚に置いてみんなに読んでいただきます。本との出会いで人生が変わる人は少なくありません。そのきっかけになったらステキなことです。

「いい話の図書館」はこんな場所に

喫茶店やカフェ店内の本棚に置いて、来店客に読んでいただきます。
オフィスの休憩室やスタッフが読みやすい場所に置いて読んでいただきます。
病院などの待合室に置くと週刊誌や新聞より心が癒されます。

お薦め本の他に、毎月いい話が満載の月刊紙「プチ紳士からの手紙」を2冊同封いたします。

また年1回、ベストセラーの「日めくりカレンダー」と「人気のロングセラー小冊子」をもれなく進呈させていただきます。月刊紙「プチ紳士からの手紙」は飲食店や小売店などの接客に関するいい話も満載で、企業向けの研修や朝礼などでも活用されています。スタッフの意識向上にも貢献しており、業績が上がった企業も少なくありません。

ところで、小林由美子さんはどんな方? <その1>
「継ぎたくないけれど、本屋さんを始めてしまった!」編

ところで、小林由美子さんはどんな方? <その2>
「傘を売る本屋さん」編

ところで、小林由美子さんはどんな方? <その3>
「作家を育てる本屋さん」編

購読者からの続々感想が寄せられます!

小林書店  〒661-0025 兵庫県尼崎市立花町2-3-17  06-6429-1180

年会費
3万円(税込)

お届け品
毎月お薦め本1冊+月刊紙「プチ紳士からの手紙」2冊
(年1回「日めくりカレンダー」1冊+「人気のロングセラー小冊子」1冊)

お届け日
毎月15日前後にご指定の送付先へお送りします

お申し込みはこちらから

-
- -

ーーーー<お申し込み内容>ーーーー
●年会費:3万円(税込)
●お届け品:毎月お薦め本1冊+月刊紙「プチ紳士からの手紙」2冊
(年1回「日めくりカレンダー1冊+「人気ロングセラー小冊子」1冊)
●お届け日:毎月15日前後にご指定の送付先へお届けします
●支払い方法:初回お届けの際に「振込用紙」を同封します
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています