日時:2021年6月16日(水)14:00〜18:10

開催概要

Perforce on Tour 2021 in Japan
    フトウェア開発現場のカイゼンに向けた第一歩  
〜 Accelerate Deployment with Perforce 〜

あらゆるビジネスシーンにおいて、顧客ニーズや価値観の多様化が急速に進んでいます。これは企業にとって、多様化を常に意識しそれらに応える製品やサービスをいち早く市場に投入することあるいは投入し続けなくてはならないこと、を意味しています。

従って、ソフトウェア開発現場も常に効率的かつ効果的なモノづくりを意識し、それを実現できる開発環境やプロセスへの見直しならびに効果的な開発ツールの利活用を検討することが、喫緊の課題となっているのが実情ではないでしょうか。

本イベントは、このような皆様がお持ちのお悩み・課題を解決し、開発現場の業務効率・生産性を最大限に引き出すPerforce Software社の最新ソリューションと今後の製品戦略についてご紹介いたします。

 
主   催:株式会社東陽テクニカ、Perforce Software, Inc.
定   員:500名(無料・要事前申込)
協   力:イノテック株式会社、一般社団法人ビジネス&パブリックアフェアーズ
セミナー形式:「Zoom」によるライブ配信

講演内容&スケジュール
※講師、講演内容等は、予告なく変更になる場合がござます。予めご了承ください。

セッション①(14:00 ~ 14:20)

講演テーマ:

「Perforce Software社のご紹介」

講演者:Philip O’Hara 
Perforce Software社 グローバル・セールスVP

講演内容:
最近1年半のPerforce Software社の動向をご紹介。「Power of Perforce」を掲げ、多くのお客様が抱える、DevOps実現の様々な課題の解決を我が社がどのようにお手伝いしているかについてもお話しします。

講師プロフィール:Philip O’Hara
Perforce Software社のインターナショナル・セールスを担当。特に、同社のコード管理・チーム連携・アジャイル管理ソリューション事業の拡大に注力。ハイテク業界に20年以上勤め、セールス部門おいて数々の要職を歴任、輝かしい販売実績を持つ。ロンドンのブルネル大学で学び、エンジニアリング分野で学位を取得

セッション②(14:25 ~ 15:05)

講演テーマ:

「バージョン管理ベストプラクティス」

講演者:岩崎 健太郎
株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション 課長
講演内容:
健全性、安全性を確保しながらソフトウェア開発を行う上でバージョン管理システム(VCS)は必要なツールです。 VCSの必要性に疑問を持つ人は少ないと思いますが、人によって感じるメリットは異なると思います。このセッションでは、その様々なメリットを改めて確認したうえで、Helix Coreではどのようなメリットを提供できるのかについてお話したいと思います。

講師プロフィール:岩埼 健太郎
ソフトウェアバージョン管理ツール、コラボレーションツールをはじめ、様々なソフトウェア開発支援ツールの技術調査やサポート業務に従事。

セッション③(15:10 ~ 15:50)

講演テーマ:

「Methodics IPLMを使用したコンポーネント ベースの設計管理」

講演者:シンガワーラ ラージェシュクマール氏
イノテック株式会社 主任技師


講演内容:
ソフトウェア開発において、ファイルのリビジョンと変更をトレースすることは重要です。しかし、ソフトウェア開発プロジェクトの大規模化と複雑化が急速に進む中、コンポーネント毎に変更を管理するための効率的な方法が必要となってきています。ソフトウェア開発チームは、変更に加えてプロジェクト内のすべてのコンポーネントの依存関係、アクセス許可、階層、および使用状況もトレースする必要があります。本セッションでは、ソフトウェア開発フローを改善し、これらの複雑な課題への対応を支援する、Methodics IPLMプラットフォームをご紹介します。

講師プロフィール:シンガワーラ ラージェシュクマール氏
アローグループ イーインフォチップス社「インド」のシニアエンジニアとして、様々な顧客プロジェクトに従事。2010年よりイノテック株式会社の主任技師として、Arteris NoCテクノロジ、Duolog-ARM、Embedded FPGA等の顧客サポートを経て、Cadenceの様々なデジタル検証製品および検証IPとMethodicsで専門知識を活かした顧客サポートを行なっている。

セッション④(16:00 ~ 16:40)

日本マイクロソフト×ゲームスタジオ共同登壇!講演テーマ:
「事例に学ぶ、Helix Core を活用したゲームのクラウド開発環境4つのポイント」

講演者:
梅津 寛子氏 日本マイクロソフト株式会社
斎藤 信弘氏 株式会社ゲームスタジオ
講演内容:
ハイエンドなゲームコンテンツの増加やゲーム開発も在宅で行えるようクラウドの活用を検討されるゲーム会社様が増えています。本セッションではMicrosoft AzureをベースにHelix Coreを構築するメリットのご紹介と、実際にAzure上にゲーム開発環境を構築された株式会社ゲームスタジオ様の事例も併せてご紹介させていただきます。環境構築する際のTipsも多数詰め込んでいただいておりますので、クラウドでのゲーム開発環境をご検討されている方は是非参考にしていただければと思います。

講師プロフィール:梅津 寛子氏
日本マイクロソフト株式会社 ゲーム&エンターテイメント事業本部 アカウントテクノロジーストラテジスト。
職種はインフラエンジニア、前職はゲーム会社でオンラインゲームやWebシステムのインフラ構築運用を担当。オンプレミスとパブリッククラウドを経験し、現在はマイクロソフトにてゲーム会社のゲームサーバや開発の環境構築の支援を行っている。

講師プロフィール:斎藤 信弘氏
株式会社ゲームスタジオ 第1事業本部 第2開発部 Sグループ リーダー。
コンシューマ系プログラマとして長年ゲーム開発に従事。2013年にゲームスタジオに入社してからはスマートフォンアプリの開発、サーバープログラムに関わった後、3年ほど前から開発環境をサポートする部署に所属。技術調査や開発環境の構築、改善などを行っている。

セッション⑤(16:45 ~ 17:25)

講演テーマ:

「クロスブラウザテストの新時代を乗り切るヒント」

講演者:Julius Mong
Perforce Software社 シニア・ソリューション・エンジニア
講演内容:
最適な顧客体験を迅速かつ効率的に提供するのに、クロスブラウザテストは欠かせません。しかし、使用しているツール機能やテストフレームワークの頻繁な改修・更新、開発チーム側での予想外の方針変更など、 テストの観点からは“邪魔” が入ることもあるのではないでしょうか。本セッションでは、最近のクロスブラウザテストを取り巻く課題に対する解決策、チームごとに最適なテスト方法、2021年に検討すべきテストツールとフレームワークについてお話します。

講師プロフィール:Julius Mong
企業のQA戦略の最適化、シフトレフトの実現、テストの高価値化を支援。様々な業界(ソフトウェア、消費者向け製品、デジタルメディア、デジタルマーケティング)で、幅広い業務(ソフトウェア開発、コンサルティング、ビジネス開発、営業、QA)に携わった20年の経験から、全方位的な視点でプロジェクトをサポートします。

セッション⑥(17:30 ~ 18:10)
講演テーマ:
「プロジェクト管理ツールのクラウド移行は必須なのか?」
講演者:Johan Karlsson
Perforce Software社 シニア・コンサルタント

講演内容:
開発環境のクラウド移行が進んでいる昨今、プロジェクト管理ツールも例外ではありません。しかし、オンプレミス版を使用するメリットも多く、クラウド版への切り替えを決めかねている方も少なくないのではないでしょうか。本セッションでは、プロジェクト管理の進化をおさらいし、開発プロジェクトの規模や性格によって異なる、最適な次のステップを考えます。

講師プロフィール:Johan Karlsson 
Perforce Software社 シニア・コンサルタント。クライアント、同僚、パートナー会社に寄り添いながら、問題解決をサポート。注力分野は「アジャイル開発」。Perforce Software社に務める以前は、Hansoft社(2017年にPerforce Software社が買収)で要職を担う。スウェーデンのウプサラ大学で学び、科学修士、社会技術システム工学の学位を持ち、アジャイル・コーチとしての資格も有している。

協力

お問合せ先:

Perforce on Tour 2021 in Japan
[担当]藤井・清水(株式会社ジェイスピン内)
e-mail:perforce@jspin.co.jp

主催者情報:

株式会社東陽テクニカ ソフトウェア・ソリューション
〒103-8284 東京都中央区八重洲1-1-6