一般社団法人ConCom運営委員会

Enjoy a challenging student life!

ConCom(大学生コンサルティングコンペティション)とは

実際に企業の課題をテーマに扱うコンペティションです。プレゼンを行うだけではなく、アイディアを形にするまでの経験を積むことができるのがとっても魅力なコンペティションです!!
 
2016年に第1回大会を開始してから、毎年開催しており、2024年は、第9回大会を開催予定しています。毎年100名弱の学生が参加しており、大会に参加した学生からは、以下のような声を多数いただいています。
・大学を飛び出して実社会で活動することで、自分の長所や今の限界が見えたのはとてもよい経験になりました。
・新型コロナウイルス感染症の収束が見えない中で、今後の社会で必要とされる力を見につけられました。
・プロジェクトに参加したり、他大学で学ぶ学生たちと意見をぶつけ合ったりするには勇気が必要でした。それでも参加したことでとても貴重な経験ができ、一歩を踏み出すことが自分の大きな成長に繋がるとわかりました。
・就職活動の自己PRにおいて、自信を持って話をすることができました。

ConCom2024
プロジェクトの内容

ConCom2024のテーマ

課題提供先企業の商品を、クラウドファンドで予約販売!!
課題提供企業は、複数社(10社程度)募集予定
学生は、自分の応援したい企業を選択して、プレゼンテーションを行っていただきます
課題提供企業は、遅くともゴールデンウィークまでに決定いたします。
各社の課題一覧を見ながら、応援する企業を決定し、後日決定する提案日までに資料を送付いただきます。
学生からの応募に、課題提供企業はプレゼン案を決定し、その後アクションパート(クラウドファンドの準備、クラウドファンドの実施)を、スケジュールに合わせて行います。
最終報告日に、クラウドファンドの支援金の獲得状況によって、表彰されます。
Ex.支援金獲得No1、目標達成率No1、支援者獲得No1など。また、奨励賞やその他スポンサー特別賞も検討します。

企画力

課題提供企業の商品を、どんな形で世の中にPRするか?
実際の商品や商品構成、訴求方法に加えて、市場(お客様)の年代層などに向けた価格設定など、重要なKSF(成功要因)となります。マーケティング・分析・商品企画・ライティング・ライブでの表現などが影響します。

チーム(組織)力

各チームにはリーダーが必要です。しかし、リーダーを応援する力と、組織力が達成のキーポイントになります。
何事においても、ひとりの力よりも、チーム(組織)の力が必要となります。あらゆるアイデアを出し合い、お互いを応援しあいながら、最後まであきらめずに達成を目指しましょう。

表現・行動力

今回、ライブコマースを活用し、クラウドファンド上の商品をPRし、予約販売を行います。
いかに適切な表現で、商品をPRするか?楽しく商品紹介をしていただきます。また、ライブ配信は、回数が多いほど、多くの人に想いが届きます。多くの人に告知して、多くの人から賛同してもらいましょう!!
尚、誇大表現などは、法的にも問題が生じます。社会的なルールを基に実施をお願いします。

ひとりから参加OK!!

学生の参加条件

  • 現在学生である。(大学生、大学院生、短大生、専門学校生など)

  • 日本国内に居住している。(日本語でコミュニケーションできる)

  • コンプライアンスを遵守することに同意する。

  • チームのメンバーを大切に考え、他人を尊重できる。

  • メンバーと、一定のコミュニケーションが取れる。

  • 自分自身のノウハウを、チーム・企業・社会に役立てたいと考えている。

  • チャレンジに対して、ポジティブである

求める学生像

  • 商品企画をしてみたい

  • マーケティングをしてみたい

  • ライティングを考えたい

  • 画像・映像に興味がある

  • インターネット(SNS)に興味がある

  • ライブ配信(ライブコマース)をしてみたい

やったことは無いが、ノウハウを積んで見たい!!ひとりの参加でも、OK
自己PRを記載して、他のチームへ参加しましょう!
今回から、途中参加をOKとします。参加の際には、必ずフォームから申込申請して下さい。

ConCom2024 詳細説明動画

多彩な講師陣を迎えて無料勉強会を実施

通販・EC・ライブ配信・市場調査・分析・セキュリティ・営業など、各業界から講師を招いて、基礎的な勉強会を参加学生に向けて開催します!!
現在企画中ではありますが、6月~9月にかけて毎週夜、実施予定。

現在決定している講師陣
営業基礎 (元外資系ディーラーのNO1営業、日刊自動車新聞に500回以上コラム連載中)
Facebookライブ基礎 (Facebookライブコンサルタント)
EC運用
市場調査 (元大和総研、経産省電子商取引のレポートを受注)
クラウドファンド/資金調達 
セキュリティ関連 (元リクルートの情報セキュリティ部長)
コンプライアンス(特商法・景表法・薬機法・・・)
通販・EC全般 (JADMA/公益社団法人日本通信販売協会 元常任理事)
 その他、過去課題提供企業の企業の方を迎えて、その体験談を開催します。

参加申込
注意:参加される方は、チームであっても一人づつ参加表明をお願いいたします。

大学生コンサルティングコンペティションとは

ホームページ
https://www.concom.biz/
Instagram
https://www.instagram.com/concomjp/

本大会は,企業・自治体等の組織が抱える実際に解決したい経営上の課題 に対して, 大学生が解決策を提案し, クラウドファンドを活用して市場での反応を競う大会です.

解決アイディアの発表を行うプレゼンテーションパートだけでなく, クラウドファンドを活用してアイディアを実際に具現化していくアクションパートがあるのが特徴.
2つの活動を通じて企業・自治体と大学が協働で課題を解決し,その過程で学生が成長していくことを目指しています.

今年で第9回目の開催となります.また,本大会は日本経営工学会,日本イーコマース学会の後援を頂いております.

ConCom2016 ダイジェスト版紹介動画
ConCom2019 ダイジェスト版紹介動画
ConCom2020 ダイジェスト版紹介動画
ConCom2021 ダイジェスト版紹介動画
ConCom2022 ダイジェスト版紹介動画
ConCom2023 学生向けチラシ
※参加学生によって作成

※申込に際して、ご質問がある場合は、下記メールアドレスより、事務局宛てにご連絡ください。

ConCom大学生コンサルティングコンペティション事務局
concom.jp@gmail.com


課題提供企業!!

今年の課題提供先企業は、複数社を募集します。
学生は、自分の応援したい企業を選択して、プレゼンテーションを行っていただきます
課題提供企業は、遅くともゴールデンウィークまでに決定いたします。
各社の課題一覧を見ながら、応援する企業を決定し、後日決定する提案日までに資料を送付いただきます。


学生向けスケジュール
(課題提供企業の募集状況により早まる可能性があります)
6月初旬:キックオフミーティング
6月末日:応援する課題提供企業への登録
7月末日:応援する課題提供企業へのプレゼンテーション案提出(事務局宛て)
8月中旬:課題提供企業へのプレゼンテーション(オンライン)
アクションパートは、プレゼンテーション後に課題提供企業ごと、参加学生とのチームを結成し、クラウドファンド案の打ち合わせを開始。
8月中旬~10月末日:クラウドファンドのサイト作成を行います。
11月1日~11月末日:クラウドファンドの実施。
最終日の結果を受け、優勝チームを決定。(その他、寄付金金額・目標金額達成率・寄付参加人数などによって、各1位を決定)

クラウドファンドは、メールでのDMのほか、ライブコマース(ライブ配信)を行い、商品の説明を行い、お客様からの応援を依頼します。
※昨年事務局が行ったクラウドファンドにおいては、事務局長とゲストで、60日間毎日ライブ配信(FACEBOOK・YOUTUBE)を行うことで、120%を達成しましました。

ConCom2023 FACEBOOK YOUTUBE

これらのことから、商品企画・マーケティングプランだけではなく、画像/動画作成・SNS運用・ライブコマースなどに精通した学生が各チームに必要となります。
今年の学生の参加は、途中参加を認めますが、必ずこのサイトの規約に同意をしてください。
また、周りに必要人員がいない場合、他大学から募集することも可能です。
他大学の学生から、各チームに売り込みすることも検討します。

学生・課題提供企業は、全国から募集します。
基本的にオンラインで打ち合わせができる環境が必要となります。


名前
学校名/企業名
参加区分
参加種別
チーム名
チームで参加される方は、チーム名を記載してください。
チーム名が未定の場合、代表者の名前を記載して下さい。
メールアドレス
※大学生であることを確認するため、大学で使用しているメールアドレスを利用ください。
 
自己PR
※自分の得意分野を記載してください。
 アクションパート開催時に、他チームの応援を依頼することがあります。
個人情報の取扱いへの同意
本サイトにおいて、一般社団法人ConCom運営委員会(以下「事務局」という)は、氏名・メールアドレス、大学名、IPアドレスなどの個人情報を取得致します。
1、同意頂いた個人情報は,大学生コンサルコンペティションの運営を行う目的に使用いたします。
2、個人情報の開示・訂正・利用停止につきましては、concom.jp@gmail.comまでご連絡頂ければご対応いたします。
3、個人情報は、課題提供する各社(以下「課題提供企業」という※後日詳細を報告)・その他関係各社(以下「運営関連会社」という)に第三者提供いたします。


規約への同意
秘密保持規約

私は、一般社団法人ConCom運営委員会(以下「事務局」という)より提供される課題提供企業の情報に関し下記のとおり秘密保持規約を締結することに同意いたします。

第1条(秘密情報の範囲)
 本規約において「秘密情報」とは、事務局、課題提供する各社(以下「課題提供企業」という)、その他関係各社(以下「運営関連会社」という)より開示される文書、電磁的又は電子的媒体その他方法、態様の如何を問わず、私に対して開示する一切の情報をいいます。ただし、次の各号のいずれかに該当する情報は機密情報には含まれないものとします。
① 開示時点において私が既に保有していた情報又は公知であった情報
② 開示後、私の故意又は過失によらず公知となった情報
③ 私が機密保持義務を負わない第三者から適法に取得した情報

第2条(秘密情報の利用)
1.私は、秘密情報を大学生コンサルコンペジション大会運用のためにのみ使用し、それ以外の目的に使用いたしません。
2.私は、本目的遂行上必要であると認めた時は,事務局、課題提供企業及び運営関連会社の承諾を得て、秘密情報の複製(文書、電子データ等媒体の如何を問わない)を行うことができるものとします。

第3条(秘密情報の保持)
 私は、事前の書面による同意を得た場合を除いて、秘密情報を第三者に漏洩又は開示いたしません。ただし、裁判所、行政機関もしくはそれらの役職員から、法令、規則、行政指導等に基づき、開示を求められた場合についてはこの限りではない。

第4条(秘密情報の返還)
 私は、大学生コンサルコンペジション大会の終了、または課題提供企業及び運営関連会社から書面により秘密情報を含む提供資料及びその複製物の返還又は破棄を求められた場合には、事務局、課題提供企業及び運営関連会社の指示に従い、直ちに当該秘密情報を含む提供資料及びその複製物を、事務局、課題提供企業及び運営関連会社に返還又は破棄いたします。

第5条(秘密保持責任)
1.私は、善良なる管理者の注意をもって秘密情報を保持管理いたします。
2.私が、本規約第2条第1項及び第3条に定める秘密保持義務に重大な過失もしくは重大な違反をした場合には、大学生コンサルコンペジション大会参加の解消などをし、私はこれに異議を申し立てないものとします。また私は損害賠償の責任を負うものとします。

第6条(契約期間)
1.本規約の有効期間は大学生コンサルコンペジション大会期間中とします。
2.本規約の第2条第1項及び第3条の規程は大学生コンサルコンペジション大会終了後も有効に存続します。

第7条(反社会的勢力の排除)
1.私は、自己又は自己の代理人若しくは媒介する者が、現在、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約します。
① 現在、暴力団、暴力団員、暴力団ではなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等、その他これらに準ずる者(以下、総称して「反社会的勢力」という。)
② 自ら又は第三者を利用して、自身や、その関係者が反社会的勢力である旨を関係者に認知させるおそれのある言動、態様をした者
③ 脅迫的な行動又は暴力を用いる行為、暴力的な要求行為、並びに偽計又は威力を用いて相手方の信用を毀損する行為を自ら又は第三者を利用して行う者
④ 反社会的勢力に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有する者
2. 事務局は、私が前項各号に該当する場合には、私に対して催告することなく大学生コンサルコンペジション大会参加の全部を解除することができるものとします。なお、事務局が当該解除をした場合でも、損害を賠償する責めを負わないものとします。一方、事務局が当該解除をされた場合に係る解除により損害が生じた時は、すべての損害を賠償するものとします。

第7条(協議事項)
 本規約に定めのない事項及び本規約の各条項に疑義を生じたときは、事務局、課題提供企業及び運営関連会社との間で誠意をもって協議し、これを解決いたします。

第8条(管轄裁判所)
 本規約に関して私と事務局との間で生じた一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意裁判所とします。

                  一般社団法人ConCom運営委員会
                      代表  田畑智章(東海大学)
                      副代表 諸上茂光(法政大学)
                          東 弘樹(HAZS株式会社)