自由文添削コース・文章提出フォーム

*は必須項目です


1行40行×1ページ35行換算で、3枚以内の文章までを受け付けいたします。
文章量は、こちらのページから計算していただけます。
 
※もし、個人情報を一切知られたくない場合には、個人名や組織名を架空のものに換えて、ご提出をお願いいたします。

以降の項目は、適切な添削をするために「必須」の情報です。
不備・空欄のある場合には文書を受け付けいたしかねますで、ご注意ください。

例1:Wordで書いて、紙に印刷し、ホチキスで綴じて読んでもらう
例2:Outlookで書き、メールとして送る。そのため、パソコンやスマホ、タブレットなどで読まれます
例3:Wordで書き、PDFに変換して、タブレット端末上で読まれる
例1:勤務中にオフィスの同じフロアで読まれる
例2:メールの読み手は多数いるので、様々。ある人は帰宅中、ある人は自宅で、ある人は会社で
例3:まったく予測が付かない。なぜなら社外の人間だから
例1:男性上司一人、マネージャー職、15歳年上、温厚だけど仕事には厳しい人
例2:自社社員全員(150人くらい)、男女、性格はいろいろ
例3:社外のクライアント、女性、40代。自分より少し下の年齢だが、とてもはっきりモノを言う人だと聞いた。だからしっかりとした文章が必要
*読み手がその文章を手に取ったとき、どういう精神状態や身体状況だと予想しますか?(複数回答歓迎)
例1:仕事の進捗が予定より少し遅れ気味なことを、業務報告書にそれとなく盛り込みたい
例2:社員証更新をしなければ本社ビルに入れなくなること、およびその更新手続き方法を社員全員に通知したい
例3:腸内フローラを改善し、痩身体質を目指すプロバイオティクス食品を提案したい
例1:報告書を通して、上司が私の勤務状況を把握し、チームのマネジメントに役立てること
例2:一斉メールにより社員全員がすみやかに社員証更新の必要性を認識し、全員が期間内に滞りなく更新を完了すること
例3:製品説明に納得してもらい、読み手の社内で新商品の販売について検討してもらえる段階に進むこと
もし何もなければ、「特になし」と記載してください。
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています