フェアトレード・パートナー(コーヒー)登録フォーム

このフォームは、認証コーヒー生豆を店舗で焙煎し、提供/販売して頂くためのコーヒーロースター向けフェアトレード・パートナー登録フォームです。本フォームで登録して頂いた方には、自動返信メールにて広報物をダウンロードしてご利用して頂けます。
 
パートナー登録には、条件を満たす必要がございます。※詳細はフォーム「合意事項」をご参照下さい。


会社名・店舗名
担当者お名前
メールアドレス
営業時間
店舗カテゴリー
住所

-



連絡先
- -
認証原料(製品)の購入先を選択して下さい。
※コーヒー生豆は上記指定事業者から購入する必要がございます。

合意事項
 
フェアトレード・パートナー(コーヒー)は、指定購入先より購入した認証生豆を自社で焙煎し消費者へ販売する店舗、事業者を対象とします。パートナー登録をご希望の場合は、以下の条件にすべて同意して頂く必要がございます。
 
(1)店舗には、FLJから提供されるコミュニケーションキットのみを使用して下さい。
 
コミュニケーションキットは日本国内の店舗のみで使用することが許可されます。何らかの理由で登録の承認ができない場合には、申請から15日以内にFLJより文書で通知致します。
登録後の自動返信メールにて、コミュニケーションキットのダウンロード先が通知されます。
 
(2)指定事業者からのみ認証コーヒー生豆を購入して下さい。
 
指定事業者以外からフェアトレード認証原料を購入される場合は、本登録の対象とはなりません。
 
(3)認証生豆を使用した製品を最低でも一製品、年間を通じて販売して下さい
 
認証生豆を使用した製品の販売がない場合、コミュニケーションキットを継続して使用することはできません。
 
(4)他業者へフェアトレード認証コーヒーの卸売りをしないで下さい。
 
フェアトレード認証コーヒーを他社へ卸売りする場合は、別途認証契約が必要となります。他社への卸売りを検討される場合はFLJへご相談ください。
 
(5)自社製品パッケージに認証ラベルを表示(ステッカー貼付や印刷)したり、「フェアトレード認証製品」として焙煎豆を販売したりしないで下さい。
 
自社パッケージに認証ラベルの表示をご希望の場合は、製造組織・ライセンシーとしての契約が必要です。なお本登録スキームは、生豆の段階までしか監査を実施せず、焙煎以降の工程は監査しないため、焙煎後の製品を「フェアトレード認証製品」と呼ぶことはできません。

(6)年間販売量が5トン以上(生豆ベース)を見込む場合は、別途ご連絡下さい。
 
パートナー登録制度は、フェアトレード認証コーヒーの販売量が年間5トン以下の店舗、事業者が対象です。
 
(7)登録は1年毎に更新して下さい。
 
指定広報物には年が記載されていますので、必ず該当年のコミュニケーションキットをご利用下さい。
 

上記に関し、すべて合意します。

その他確認事項
 
■ FLJは、国際フェアトレード認証ラベルが適切に使用されているか管理、監督する権利を有します。FLJはそのチェックのため、事前の通知なく通常の営業時間内に訪問することがございます。
 
チェックの結果、認証およびライセンス取得が必要な販売方法をしていると判断された場合、定められた費用負担と手続きを要請します。
 
■ 悪質かつ度重なるルール違反が発見された場合、FLJは本登録を終了する権利を有します。登録が無効になった事業者または店舗は、指定広報物、および国際フェアトレード認証ラベルの一切の使用が禁じられます。
 

個人情報の取扱いへの同意
https://www.fairtrade-jp.org/privacypolicy/

個人情報の取り扱いについて
(個人情報の定義)

1.本ポリシーにおいて「個人情報」とは、個人に関する情報であって、当該情報に含まれる 氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別できるものまたは個人識別符号(*1注釈)が含まれるものをいいます 。収集したお客様に関する情報には、単独のままでは特定の個人を識別できない情報もありますが、 他の情報と組み合わせることにより、特定の個人を識別できる場合、かかる情報は組み合わせて扱われる範囲 においてすべて「個人情報」として扱われます。

(法令の遵守)

2.FLJは、個人情報を取り扱う際に、個人情報の保護に関する法律その他個人情報保護に関する 諸法令に関し個人情報保護委員会および所管官庁が公表するガイドライン類に定められた義務、ならびに本ポリシー を遵守します。

(利用目的の範囲内での利用)

3.FLJは、あらかじめご本人の同意を得た場合、または法令により認められた場合を除き、 あらかじめ特定された利用目的の達成に必要な範囲内でのみ個人情報を取り扱い、およびそのための措置を講じます。

(個人情報の取得)

4.FLJは、個人情報を取得する際は、あらかじめ取り扱う個人情報の項目、利用目的、お問い合わせ 窓口等の必要な情報を明示し、ご本人の同意を得るよう努めます。個人情報に人種・信条等の要配慮個人情報が含まれる 場合には、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく個人情報を取得しません。第三者から個人情報 を取得する場合であって、法令上、第三者提供を受ける際の確認義務および記録作成義務が発生する場合には、 これを遵守します。

(15歳未満のお客様の個人情報)

5.FLJは、15歳未満のお客様に関する個人情報の収集、保管および使用に適用される法令のすべてを遵守するよう努めます。もし、お子様が保護者または後見人の同意なく個人情報をFLJに提供したことに気付いた場合、保護者または後見人におかれましては、本ポリシーに定める問い合わせ窓口までご連絡ください。

(安全管理措置)

6.FLJは、個人情報を利用目的の範囲内で正確・完全・最新の内容に保つよう努め、不正なアクセス、 漏えい、改ざん、滅失、き損等を防止するため、現時点での技術水準に合わせた必要かつ適切な安全管理措置を講じ、 必要に応じて是正してまいります。

(委託先の監督)

7.FLJは、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報の取り扱いを第三者に委託する場合があります。その場合、第三者への業務委託に関しては、個人情報の取り扱いにつき、契約等を通じて、しかるべき安全管理が図られるようにします。

(第三者への提供)

8.FLJは、法令により認められた場合を除き、ご本人の同意を得ることなく、第三者に個人情報を提供しません。第三者に個人情報を提供する場合であって、法令上、第三者提供を行う際の記録作成義務が発生する場合には、これを遵守します。

(ご相談への対応)

9.FLJは、個人情報の開示、訂正、利用の停止、消去その他の個人情報の取り扱いに関する お問い合わせに対し、法令の規定に基づき、適切に対応いたします。

お問い合わせフォームからご連絡ください。

(教育等)

10.FLJは、個人情報を適切に取り扱うために、個人情報の管理責任者の設置、内部規程の整備、 事務局職員への教育ならびに適正な内部監査の実施等を通じて、本ポリシーの見直しを含めた内部体制の継続的強化 ・改善に努めます。

注釈1)「個人識別符号」は、個人情報保護委員会の政令に準じます。本ポリシー改定日現在の定義には次を含みます:(1)(イ)DNAを構成する塩基の配列、(ロ)顔の骨格及び皮膚の色ならびに目、鼻、口その他の顔の部位の位置及び形状によって定まる容貌、(ハ)虹彩の表面の起伏により形成される線状の模様(二)発声の際の声帯の振動、声門の開閉ならびに声道の形状及びその変化、(ホ)歩行の際の姿勢及び両腕の動作、歩幅その他の歩行の態様、(へ)手のひら又は手の甲若しくは指の皮下の静脈の分岐及び端点によって定まるその静脈の形状、(ト)指紋又は掌紋、(2) 旅券の番号、基礎年金番号、運転免許証の番号、住民票コード及び個人番号、ならびに (3) 国民健康保険、後期高齢者医療制度及び介護保険の被保険者証にその発行を受ける者ごとに異なるものとなるように記載された文字、番号、記号その他の符号)
個人情報の取扱いについて同意の上、チェックしてください