無料相談!知覚過敏専門外来

歯が浸みてつらいですよね。
その不愉快さを当院で治しませんか?
 
●薬塗布による治療を行います
露出した象牙質の表面に歯と同じ成分の結晶を塗布する事で即効性が高い効果が表れます。
●コーティング
露出した象牙質に樹脂をコーティングします。神経への刺激を防ぐ事で不快感を少なくします。
●マウスピースのご提案
歯ぎしりや食いしばりなど、過度にかみ合わせに力が入ることによって知覚過敏が起きることがあります。起きている時の食いしばりは、意識してやらないようにできますが、寝ている時の歯ぎしりはマウスピースをつけることにより過剰な負担が歯にかからないようにします。
●歯周病の治療を行う
歯周病によって歯茎が下がると歯根が露出してきて知覚過敏が出やすくなります。治療をしなければ歯茎はどんどん下がってきて、より一層知覚過敏が悪化してしまうことになりかねません。ただ、歯周病の治療である歯石除去をすることによって、それまで歯根をカバーしていたものが剥がれてしまうことになり知覚過敏が一時的に酷くなってしまうこともありますが、悪化を止めるには避けられない処置ですので、一時的な症状の悪化には塗り薬などを併用して治療をすすめていきます。
●神経治療を行う
これは最後の手段です。知覚過敏が生活に支障をきたすレベルで耐えられない場合には痛みを感じる神経を取ってしまえばもちろんしみなくなります。ですが、この方法は安易に行うべきではありません。なぜならば歯は神経をとるともろくなってしまい、歯の寿命が短くなってしまうからです。

 
※迷惑メール対策など受信制限を行っている方は、以下のアドレスからのメールを受信できるように あらかじめ設定をお
願い致します。
 
メールアドレス:kdo@feel.ocn.ne.jp
</font></font>

*は必須項目です

(確認用)
※迷惑メール対策など受信制限を行っている方は、以下のアドレスからのメールを受信できるように あらかじめ設定をお
願い致します。
 
メールアドレス:kdo@feel.ocn.ne.jp
*性別
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています