日本言語学会大会発表応募フォーム


・発表の言語(日本語または英語)により入力してください。
 ※日本語発表の場合、日本語に加えて英語(ローマ字)での入力も必要です。
・確認画面および受付通知メールにおいて、一部の文字が数値実体参照(例:�)に置換される場合がありますので、ご了承ください。
プログラム等には正しく表示されます。
・プログラムには氏名と題目のみ掲載されます。
・送信後に入力情報の訂正ならびに発表要旨の差し替えはできません。送信前に十分確認してください。
・受付終了時間は「応募締切日の24:00(日本時間)」です。受付終了間際の送信は事故のもとですのでおやめください。
-If you want to give a presentation in English, fill in the entries below in English.
-The meeting program will include only author names and presentation titles.
-You cannot make any correction after submitting the form.
-Online reception of abstracts will be closed at 24:00 (JST) on the deadline date. We encourage you to submit your abstract well in advance of the deadline to avoid any technical difficulties.


発表要旨(PDF)/Abstract (PDF)
ファイル名:代表者ローマ字氏名.pdf
File name: Author's name.pdf
発表形態/Category
発表言語/Language of presentation
発表題目(ワークショップ題目)Presentation title (workshop title)
発表の言語(日本語または英語)により入力してください。
英文題目
採択された場合に、英語版プログラムに掲載します。
キーワード1:対象言語名/Keyword1: Language being studied
必要に応じて語族あるいは地域名も入力してください。
Include language family and area if necessary.
キーワード2:分野・方法/Keyword2: Field and methods
例:形式意味論、実験音声学、比較言語学
e.g. formal semantics, experimental phonetics, comparative linguistics
キーワード3:その他/Keyword3: Other
発表内容を端的に表すもの
Other key words that describe the presentation content

代表者(ワークショップ企画者)/Author (Organizer of workshop)

代表者(筆頭発表者・ワークショップ企画者)氏名/Name(First author or symposium organizer)
・発表の言語(日本語または英語)により入力してください。
・大会発表の応募は、口頭発表・ポスター発表の場合は筆頭発表者、ワークショップの場合は企画者が行ってください。
・「漢字・仮名表記氏名」は、発表者が日本語で論文を書く場合の表記を用いる。姓を前に置く場合はスペースで区切り、姓を後に置く場合は「・」で区切る。
 例 「山田 奈緒子」「うえだ じろう」「ホー チ ミン」「ジョージ・ワシントン」「ワシントン ジョージ」
・「ローマ字表記氏名」は、発表者が英語で論文を書く場合の表記を用いる。姓の部分はすべて大文字にする。姓と名の順序は自由。
・例 「YABE Kenzo」「Kenzo YABE」「George WASHINGTON」
-Submissions for oral and poster presentations should be made by the first author. Submissions for workshops should be made by the organizer.
-Author’s name: Family names should be written in capital letters (e.g. YABE Kenzo, Kenzo YABE, George WASHINGTON).
ローマ字氏名
・「ローマ字表記氏名」は、発表者が英語で論文を書く場合の表記を用いる。姓の部分はすべて大文字にする。姓と名の順序は自由。
例 「YABE Kenzo」「Kenzo YABE」「George WASHINGTON」
-Author’s name: Family names should be written in capital letters (e.g. YABE Kenzo, Kenzo ABE, George WASHINGTON).
所属機関・身分/Affiliation and status
会員種別/Type of membership
・本学会の会員は、大会発表に応募することができます。
・共同発表は、筆頭発表者が会員であれば応募できます。
・ワークショップは、企画者と司会者が会員であれば応募できます。
・大会発表に応募する際に、応募時の年度までの会費が未納の場合は発表応募を受け付けません。
-Members of LSJ are eligible to apply for presentation at LSJ meetings. In the case of multi-author presentations, the first author must be a member. For workshops, both the organizer and the chair must be members.
-Submissions will not be accepted if the membership dues for the academic year when the application was made have not been paid.
メールアドレス/E-mail
郵便番号/Postal code
例:123-4567(海外の住所の場合、「000-0000」としてください。)
If the address is outside Japan, enter "000-0000".
住所/Address
電話番号/Phone number
通知方法/Contact by

共同研究者(ワークショップ発表者)/Co-authors (Workshop speakers)

共同研究者1/Co-author1
発表の言語(日本語または英語)により入力してください。
共同研究者1(ローマ字)
採択された場合に英語版プログラムに掲載します。
・「ローマ字表記氏名」は、発表者が英語で論文を書く場合の表記を用いる。姓の部分はすべて大文字にする。姓と名の順序は自由。
例 「YABE Kenzo」「Kenzo YABE」「George WASHINGTON」
-Author’s name: Family names should be written in capital letters (e.g. YABE Kenzo, Kenzo ABE, George WASHINGTON).
共同研究者1所属機関および身分/Co-author1's affiliation and status
発表の言語(日本語または英語)により入力してください。
共同研究者2/Co-author2
共同研究者2(ローマ字)
共同研究者2所属機関および身分/Co-author2's affiliation and status
共同研究者3/Co-author3
共同研究者3(ローマ字)
共同研究者3所属機関および身分/Co-author3's affiliation and status
共同研究者4/Co-author4
共同研究者4(ローマ字)
共同研究者4所属機関・身分/Co-author4's affiliation and status
共同研究者5/Co-author5
共同研究者(ワークショップ発表者)が6人以上の場合、6人目以降の氏名は「共同研究者5氏名」の枠にカンマ区切りで記入してください。
If the co-authors include more than 5 members, list the additional co-author's names in the "Co-author5" entry, separating the names by commas.
共同研究者5(ローマ字)
共同研究者(ワークショップ発表者)が6人以上の場合、6人目以降の氏名は「共同研究者5氏名」の枠にカンマ区切りで記入してください。
If the co-authors include more than 5 members, list the additional co-author's names in the "Co-author5" entry, separating the names by commas.
共同研究者5所属機関・身分/Co-author5's affiliation and status
共同研究者(ワークショップ発表者)が6人以上の場合、6人目以降の所属機関・身分は「共同研究者5所属機関」の枠にカンマ区切りで記入してください。
If the co-authors include more than 5 members, list the additional co-author's affiliations and status in the "Co-author5" entry, separating the affiliations by commas.
ワークショップ司会氏名/Workshop moderator
ワークショップ司会氏名(ローマ字)
採択された場合に英語版プログラムに掲載します。
ワークショップコメンテータ氏名/Workshop commentator
ワークショップコメンテータ氏名(ローマ字)
採択された場合に英語版プログラムに掲載します。

大会発表賞審査希望/The Best Presentation Award
日本言語学会では、学会の研究活動の一層の向上・充実を目的とし、若手会員に主眼を置いて、優れた研究を顕彰するために、大会発表賞を創設しました(詳細は学会ホームページをご覧ください)。なお、過去2年間に大会発表賞を受賞した方は審査対象になりません。
Winners of the Award in the past two years are not eligible.

大会発表賞の審査希望/Apply for the Best Presentation Award
(大会発表賞に応募する場合のみ)生年月日/(Award applicants only) Date of Birth
yyyy/mm/dd形式でご入力ください(半角)。

規程類の確認
規程類:大会発表規程大会発表応募要旨作成要項倫理綱領
Rules:  LSJ Presentation Rules, LSJ Presentation Guidelines and LSJ Ethics Statement
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています