交通事故情報通無料メール相談フォーム

※お手数ですが、入力できる箇所は全て入力して下さい。
入力内容が不十分ですと、十分な回答ができない可能性があります。
 
全ての質問に回答するには、15分〜20分程度かかると思います。
時間を使っていただく分、私も手を抜きませんので、ご協力下さい。
また、質問に出来る限り具体的に回答していただくと、その過程で考えが整理され、
漠然としていた疑問が明確になってくる効果もあります。
質問内容が明確化していると、当方の回答も明確となり、相談効果も上がります。
そして、あなたが立つべきスタンスや行動指針がみえるようになります。

 
※行政書士には、法律上守秘義務が課せられておりますので安心して入力して下さい。

1.まずはじめに、交通事故の種別から教えてください。
1−1.事故の種別を教えてください。
※既に後遺障害等級が認定されている方、
現在に認定審査中で結果待ちの方、
これから認定審査を受けようと考えている方は、
全て「後遺症の残る事故」を選択して下さい。

2.次に、この相談フォームを入力される方(相談者)について教えてください。
2−3.相談者と事故に遭った方との関係
※上記以外の方からのお申込はお受けできません。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
※マンションなどの場合には、部屋番号まで入力して下さい。
- -
※日中に連絡のつく電話番号を入力して下さい。
※理由もなく当方から電話をかけることはありません。
- -
※メールによる相談回答を補う趣旨で、資料をお送りすることがあります。
そこで、FAXをお持ちのときは入力して下さい。

(確認用)
※相談回答はメールで差し上げますので、正確なメールアドレスを入力して下さい。

3.次に、事故に遭われた方(相談の対象となる方)について教えて下さい。
※相談者と同一の場合には、省略して下さい。
※相談者と同一の場合には、省略して下さい。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
※相談者と同一の場合には、省略して下さい。
3−4.事故に遭われた方の性別
被害者の事故時の年齢は 歳です。
※念のため、年齢も入力して下さい。

4.次に、発生した事故の状況について教えてください。
事故は、 に発生しました。
※事故の発生した年月日と時間について入力して下さい。
※正確な場所が分からないときは、分かる範囲で入力して下さい。
具体的に場所が特定できると地図や航空写真などで
事故のイメージを掴むに役立ちますので
ご協力いただければ幸いです。
※どのような事故でしたか?
事故状況を簡単に説明して下さい。
4−4.過失割合は、はっきりしていますか?
※物損の示談時点で協定済みのときや、センターラインオーバー
又は停車中の追突事故など明らかな一方的過失の場合には、
「はっきりしている」を選択して下さい。
※それ以外のケースで、これから過失相殺について話し合いが
必要な場合には、「はっきりしていない」を選択して下さい。
(記入例)自分0:相手100
(記入例)自分20:相手80
※分からないときは「分からない」と入力して下さい。
※当サイトの事故状況図等を根拠にされてい場合には、そのurlを貼り付けて下さい。
※判例タイムズを根拠にされている場合には、該当図の番号を教えてください。
※特に根拠がない場合には、「特に無い」と入力して下さい。
(記入例)自分20:相手80
※見解表明のないときは「無い」と入力して下さい。
※判例タイムズを根拠にしている場合には、該当図の番号を教えてください。
※特に根拠を聞いていない場合には、「特に聞いていない」と入力して下さい。
※見解の表明が無い場合には入力不要です。

ここからの5.の一連の質問は、「死亡事故」の方のみに対する質問です。
「後遺症の残らない事故」の方と「後遺症の残る事故」の方は、6.へ進んでください。
※お手元に診断書のコピー等がありましたら、内容を転記して下さい。
※複数の傷害を負った場合には、全てを教えてください。
また、直接の死因についても教えてください。
5−2.亡くなられた方は即死だったのでしょうか?
※入院期間の明細を入力して下さい。
※二回以上入院している場合には、それぞれの期間を入力して下さい。
(例)1回目 平成20年3月5日〜平成20年4月25日
   2回目 平成20年4月27日〜平成20年4月28日
5−3.亡くなられた方には生存されている配偶者がいらっしゃいますか?
5−4.亡くなられた方には生存されているお子様がいらっしゃいますか?
5−5.亡くなられた方には生存されているご両親がいらっしゃいますか?

ここからの6.の一連の質問は、「後遺症の残らない事故」の方と
「後遺症の残る事故の方のみに対する質問です。
死亡事故の相談の方は、7.に進んで下さい。
6−1.警察への事故届出
※警察への事故届出の種類を選択して下さい。
※お手元に診断書のコピーなどがある場合には、内容を転記して下さい。
※複数の病名のあるときは、全てを入力して下さい。
6−3.現在は治療中ですか?
※(入力例)事故当初、整形外科でレントゲンをとったが骨に異常がないとのこと、
それから3ヶ月間、整形外科に週2日くらいのペースで通院し、リハビリを受けている。
シップと痛み止めの飲み薬が定期的に処方されている。
症状は、当初は、首の痛みが強く、吐き気があり、夜も眠れないほどであったが、
3ヶ月経った今は、当初から比べると7割方良くなったように思う。
しかし、仕事が肉体労働のため一日中痛みを伴う生活をしている。
仕事は、今まで15日程休みをとった。
休業損害は、保険会社から支払がされ受け取った。
疲れると首の痛みは強くなり、家では子供の相手をしてやるなどが
むつかしい。
Dr.は、今しばらくリハビリが必要といっている。
※(入力例)事故当初、整形外科でレントゲンをとったが骨に異常がないとのこと、
それから6ヶ月間、整形外科に週4日くらいのペースで通院し、リハビリを受けた。
シップと痛み止めの飲み薬が定期的に処方された。
症状は、当初は、首の痛みが強く、吐き気があり、夜も眠れないほどであったが、
6ヶ月経った今は、当初から比べると7割方良くなったように思う。
しかし、仕事が肉体労働のため一日中痛みを伴う生活をしている。
仕事は、今まで15日程休みをとった。
休業損害は、保険会社から支払がされ受け取った。
疲れると首の痛みは強くなり、家では子供の相手をしてやるなどが
むつかしい。
Dr.は、この症状は、しばらく残るだろうといっている。
治療は、保険会社から打ち切りを言われ、仮病のようなことを
言われたので自主的にやめた。
本当は、もっと通院したいと思ったが、今となっては仕方がないと思う。
※認定されている部位全てについて入力して下さい。
(例)右足関節10級11号、腰部12級13号、頚部14級9号、以上から併合9級。

7.次に、任意保険の契約状況について教えてください。
7−1.相手方は任意保険に加入していますか?
※分からない場合は入力不要です。
7−2.現在の相手方の窓口は誰ですか?
7−3.事故に遭われた方は任意保険に加入していますか?
7−4.現在のこちら側の窓口は誰ですか?

※損害、後遺障害等級、過失割合、治療終了までの過ごし方、休業損害、
病院の医師との付き合い方、保険会社担当者との付き合い方、
ストレスの少ない示談交渉の方法など、相談事項は挙げればキリがないと
思いますが、沢山のことを相談するよりも、現時点で最も悩んでいることについて
深く掘り下げて相談された方が、相談効果は高いように思います。

大変お疲れ様でした、
全ての入力内容を今一度ご確認いただき、「送信する」ボタンをクリックして下さい。
 
交通事故情報通 主催者 行政書士 齋藤光宏

 

このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています