ロケ撮影における新型コロナウイルス感染予防対策チェックリスト

神戸フィルムオフィス


作品名
所属会社名
所属先住所
撮影現場責任者
撮影現場責任者 連絡先
メールアドレス

1.撮影前の事前対策について

1-1・「ロケ撮影支援における新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」の内容を確認した。
1-2・感染対策のための消毒等を行う専属の衛生管理者(係)を、撮影現場に配置する。
1-3・撮影期間中、撮影関係者に、下記に当てはまる者は従事させない。
発熱・咳・下痢等の症状がある者

新型コロナウイルス感染症の陽性と判明した者との濃厚接触(最終接触から14日間)がある者

同居家族や身近な知人の新型コロナウイルス感染が疑われる者

過去14日以内に海外から帰国した者
1-4・ロケ撮影に携わる撮影関係者の緊急連絡先および撮影2週間前までの行動記録を代表者が確認・管理している。
1-5・撮影関係者(エキストラを含む)が撮影期間中に必要なマスク、手袋、消毒液等の用意ができている。
1-6・撮影現場では、撮影関係者の検温結果を毎日確認できる体制になっている。
1-7・撮影現場の責任者を明確にしている。
1-8・撮影地において、撮影関係者に感染が疑われる者が発生した場合の対処法や連絡先等の確認を済ませている。
1-9・厚生労働省及び保健所等が定める予防対策の確認を済ませている。

2.撮影現場での感染拡大防止について

2-1・撮影現場では、社会的距離2メートルを目安に(最低でも1メートル)を、可能な限り確保し、換気を徹底する。
2-2・撮影関係者の人数を最小限にするべく、ワークフローの最適化や撮影手法の工夫を行う。
2-3・撮影現場の責任者は、FCと連絡が行える体制になっている。
2-4・適切なマスクの正しい着用や石鹸での手洗い、アルコール等の手指消毒液の設置を徹底する。
2-5・撮影関係者の検温結果の確認を徹底する。
2-6・撮影関係者の撮影中の行動を代表者が確認し、2週間以上管理する。
2-7・ロケ地管理者が定めているロケ現場の消毒を徹底する。
2-8・撮影場所においては、原則として、各都道府県が定めるイベント開催の規定人数までとし、部外者の立ち入りを制限する。
2-9・控室を含む施設等の屋内では、定期的に換気を行い、原則マスクを着用する。また、消毒液などを設置する。
2-10・ロケ撮影における車輌での移動は、1台における乗車人数を最小限にする等社会的距離を確保するための感染防止対策を講じる。また車内では、正しいマスクの常時着用、大声や長時間の会話を控えること、換気の徹底を図る。
2-11・宿泊を伴う場合は、一人一部屋シングルの部屋を確保している。
2-12・全ての食事は、ケータリング形式ではなく表面の汚染を防ぐ方法を用い、一個ずつパッキングされたものを提供する。
2-13・食事を扱う従事者は、食事の都度、事前に手洗いや手指消毒を済ませ、適切なマスクと手袋を正しく着用する。
2-14・飲料水は持参するよう周知し、提供する場合は、個包装のペットボトルなどを利用する。
2-15・室内で飲食をとる際は、できるだけお互いの距離を保ち必要に応じて透明ビニールカーテン等の設置対策を検討する。
2-16・清掃やゴミの廃棄を行う者は、マスクや手袋を着用し、終了後は石鹸での手洗いと消毒を徹底する。
2-17・ゴミは 、衛生管理者(係)の指導の下、撮影関係者が撮影地のルールに従い処分する。
2-18・撮影地でゴミを処理する際は、ごみ処理のガイドラインに沿って感染予防対策を講じた上で処理する。
2-19・ロケ撮影の際、通行人や見学者が密にならないよう、配慮を徹底する。
2-20・撮影終了後は、事前にロケ地管理者と協議した上で、映像製作者の責任において、撮影現場の消毒を行う。
2-21・感染予防のため、咳エチケット、適切なマスクの正しい着用、石鹸での手洗い及び社会的距離の確保、定期的な換気に努めることの徹底について、 撮影関係者に対し、周知・広報を行う。

3.感染が疑われた場合の対処

3-1・撮影中に撮影関係者に感染が疑われる者が発生した場合、直ちに隔離を行うとともに、必要に応じて直ちに帰宅させ、自宅待機とする。また、共有した物等を消毒するとともに、必ずFC等へ連絡する。
3-2・対応するスタッフは、マスクや手袋の着用を徹底し、対応前後には手洗い、手指消毒を徹底する。
3-3・自宅で療養することとなった者は、毎日健康状態を確認し、症状が改善してから最低48時間の経過期を経るまでは撮影に参加させない。
3-4・撮影関係者の感染が確認された場合、直ちに撮影を中断し、保健所等の指導に従う。

確認
個人情報の取扱いへの同意
神戸フィルムオフィス(事務局:一般財団法人 神戸観光局)は、個人情報の重要性を認識し、その保護の徹底を図ることが事業活動の基本であ るとともに、社会的責務であると考えております。そのため以下の個人情報保護方針を定め、適正かつ安全な管理の取り組みを実施してまいります。

1.個人情報保護に関する法令や規律の遵守
本会は、個人情報に関する法令その他の規範を遵守し、個人情報を適正に取り扱います。

2.個人情報の取得
本会が個人情報を取得する際には、利用目的を明確にし、適正且つ公正な手段によって、個人情報を取得いたします。

3.個人情報の利用
本会は、個人情報を、取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務の遂行上必要な限りにおいて利用します。また、本人の同意に基づき、業務を遂行するために個人情報の取扱いを外部に委託する場合には、委託先について、個人情報を漏洩や再提供しないよう、適正な監督を行います。

4.個人情報の第三者提供
本会は、法令に定める場合を除き、個人情報を事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しません。

5.個人情報の管理
本会は、個人情報の正確性を保ち、安全に管理するとともに、個人情報への不正アクセスまたは紛失、改ざん、漏洩などの危険に対しては、適切且つ合理的なレベルの安全対策を実施します。

6.個人情報の開示・訂正・利用停止・消去
本会は、本人が、自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去などを求める権利を有していることを確認し、これらの申出があった場合には速やかに対応します。

7.組織・体制
本会は、個人情報を保護するために適切な管理体制を講じるとともに、役員及び職員に対し個人情報保護に関する意識啓発に努めます。
個人情報保護規程の策定・実施
本会は、個人情報を適正且つ安全に管理するための「個人情報保護規程」を制定し、また、必要に応じて個人情報保護管理に関する仕組みを継続的に見直し改善してまいります。

---------------------------------
一般財団法人 神戸観光局
会長 尾山基

神戸フイルムオフィス
代表 松下麻理
---------------------------------
個人情報保護方針についてのお問合せ先
---------------------------------
一般財団法人 神戸観光局
経営推進部総務課
TEL:078-230-0800
---------------------------------
個人情報の取扱いについて同意の上、チェックしてください
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています