「気候変動枠組条約COP27 レポート&セッション」

グローバルで行われている環境アクションを日本国内の環境団体が容易に学び、繋がる機会を創出した初の「アースデイグローバルサミット」を、2022年11月に開催しました。

生物多様性、プラスチック汚染、気候リテラシーに焦点をあて、国内外から専門家、市民団体、ユースから学び、個人や組織レベルでのアクションアイデアがいくつも生み出されました。これらのアイデアの実現をサポートするために、更に学びを広げ、深めていくために、1〜3月まで毎月1回オンラインフォローアップセッションを開催することになりました。

1月の第一回目は、「気候変動枠組条約COP27 レポート&セッション」。2022年11月6〜18日まで、エジプトのシャルム・エル・シェイクでCOP27が開催されました。COP27では、「損失と損害」、「シャルム・エル・シェイク実施計画」や2030年までの「緩和作業計画」の採択、途上国への資金支援の進捗報告書作成、グローバルストックテイクなどが、主な成果として報道されています。しかし、その交渉の外では、市民の活動が制限されたり、気候正義などNGOやグローバルサウスから大きく声があがりました。今回のセッションでは、決議された内容の理解を深め、グローバルサウス(ボリビア)からの声やユースアクションについて、専門家やNGOからお話しをしていただきます。
 


▪️日時 2023年1月31日(火)19:00-21:00

■会場 オンライン@zoom(事前申込必須)

■主催:アースデイ東京(地球環境基金助成事業)


▪️プログラム内容

「COP27の決議内容:市民が知っておくべきポイント」
藤野純一氏(IGESプログラムディレクター)

「気候正義、自然を基盤とした解決策・ネイチャーポジティブ」
ガディール・ラヴァデンツ氏(Global Campaign to Demand Climate Justice グローバルコーディネーター)

「ユースアクション」
黒部睦氏(Fridays For Future Tokyo オーガナイザー)

司会:辻田創 今成爽音


名前
所属(勤務先,活動団体名,学校名等)
メールアドレス