受動喫煙症の診断可能な医療機関登録申請

受動喫煙症診断医へのお願い
各地で受動喫煙症診断医が少ないことが問題になっております。
診断書には、急性結膜炎、頭痛、急性咽頭炎などの一般診断名をお書きし、そのあとで急性再発性受動喫煙症(の疑い)などとお書きいただくだけです。
現病歴が大切になりますので、患者さんには喫煙所と患者さんの距離がわかるような地図を書いていただきます。1、2度ではわかりませんが、10回、100回となると蓋然性が高くなって参ります。患者さんは、非常に困っております。追い詰められてもいます。これを救うのは先生方をおいては他に考えられません。
この診断書があれば、ただちに会社側が善処策を講じた事例が多く聞かれますし、産業医が調査・助言をすることができますし、労働基準監督署が調査をすることもできるでしょう。診断書料は通常の診断書と同じです。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

*は必須項目です

(確認用)
※HPには公開いたしません。
登録受付&完了の返信先&日本禁煙学会事務局連絡用のメールアドレスとなります。
-
都道府県

市区町村番地

マンション・ビル名
- -
*紹介状の要否
※その他を選択された場合は下記のその他に内容を記載下さい。
病院のHP等、リンク先があればご記入下さい、
このフォームは、SSL暗号化通信に対応しています